法人概要

理念 三つのA


img011
このページの先頭へ

業務内容

  • 健康保養地概念、健康保養地医学の普及、研究
  • 温泉療法、海洋療法、森林療法、気候療法、地形療法などの自然療法概念の普及、研究
  • 健康保養地、健康保養施設、自然療法施設の調査、計画、企画、開発
  • 健康保養地、健康保養施設、自然療法施設に対する提案、指導、アドバイス、コンサルティング
  • 国内外の健康保養地事情の研究、情報発信、健康保養地との交流
  • 地域の振興及び活性化のための調査研究、政策提言
  • 国における健康維持及び観光に関する調査研究、政策提言
  • 自治体及び企業における保健事業に関する調査研究、政策提言
  • 地球環境の保全又は自然環境の保護及び整備を目的とする事業 等


このページの先頭へ

組織図


tree
このページの先頭へ

法人概要

社名 一般社団法人 健康保養地医学研究機構
代表理事 阿岸 祐幸
理事 野田史、木下藤寿、宮地正典
設立 2009年3月10日
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1-8-10三ツ美ビル8F
電話 03-5623-5874
FAX 03-5623-5871
メールアドレス
アクセスマップ 東京メトロ日比谷線、都営浅草線「人形町駅」 徒歩3分

大きな地図で見る


このページの先頭へ

理事プロフィール

代表理事
阿岸 祐幸

北海道大学名誉教授(医学博士)

温泉医学、自然療法、タラソテラピーの権威。

専門分野は温泉気候医学、健康保養地医学、環境生理学、内科学。

北海道大学医学部付属温泉療法研究施設長、同付属病院登別分院長を経て、定年退官し名誉教授、現在に至る。

日本及び世界の各種学会の会長、理事などを歴任した温泉医学、自然療法の第一人者。

 

宮地 正典

NPO健康保養ネットワーク 常務理事、株式会社ウェルネスデベロップメント取締役

タラソテラピー実践プログラム開発の第一人者。各種自然療法が専門分野。

多数のタラソテラピー施設・バルネオセラピー施設・スパを開発。

筑波大学大学院体育学修士、現在、富山大学大学院医学部保健医学講座博士課程。

気候療法士(2007年ドイツ・ミュンヘン大学アンゲラ・シュウ気候医学教授に気候療法を学び取得)。

 

野田 史

株式会社ウェルネスデベロップメント代表取締役、野田木内設計事務所代表取締役

タラソテラピー・バルネオテラピー・スパ・自然療法全般のコンサルティング、計画、建築、運営の第一人者。

日本のタラソテラピー、温泉療法事業の草分け的存在で、全国への普及・コンサルティングに従事。

海水、温泉、気候など、自然資源を活用した自然療法を現実的な施設としてコンサルティング、設計から運営までを行っています。

一級建築士、気候療法士(2007年ドイツ・ミュンヘン大学アンゲラ・シュウ気候医学教授に気候療法を学び取得)。

 

 

木下 藤寿

財団法人 和歌山健康センター ほっとライフ課 課長、熊野健康村・熊野で健康ラボ所長

運動生理、運動療法、健康管理、スポーツ医科学が専門分野。

和歌山県と進める熊野古道における健康づくりモデル体験の中心的役割を担っています。

福岡大学大学院体育学研究科健康運動学修士課程修了、福岡大学医学部微生物学研究室研究生修了。

健康運動指導士、気候療法士(2007年ドイツ・ミュンヘン大学アンゲラ・シュウ気候医学教授に気候療法を学び取得)。

 

 

 

 


このページの先頭へ